なめられる原因と3つの解決方法、男はモテてればなめられないって話

どうも、ユウト(@muji-t-shirts)です。

「いつもなめられてしまいます…」
「いじられキャラなことを困っています…」

という男性に向けて、今回は…

なめられてしまう原因と解決方法について

お話したいと思います。

私も昔はなめられ、いじられていました。
かなりボロクソに言われていたので、当時の辛さは今でもよく覚えています。

ですが、恋愛を活動を進めるなかで…

 ・どういった原因でなめられてしまうのか
 ・解決するにはどうすればいいのか

この二つが分かってきました。

改善策がわかった今、男女問わずなめられることなく、快適にすごしています。
単純に女性にモテるようになると、なめられなくなったというのもありますが…

「なめられキャラ」や「いじられキャラ」で悩んでいる方は、今回の記事を読んでみてください。

脱出できるきっかけになるはずです。

それでは、いってみましょう。

なめられる原因と解決方法3つ

なめられる原因と、解決する方法は主に3つあります。

ひとつひとつ解説していきます。

解決方法1.「弱い、優しい」という印象を与えすぎない

強さがあふれる男性

思いあたるものはありませんか?

・ムダな笑顔が多い
・圧迫感の全くない外見
・発言や態度など、すべてが控えめ

など、なめられやすい人は、弱くて優しい印象を与えすぎています。

「優しい、弱い」の印象から、相手の考えが「怒らなそう」に変わり、さらに性格の悪い人だと「なんとも思わない下の人間」と思われます。 その結果、好き勝手発言されてしまうのです。

これを防ぐためには、無駄な優しい雰囲気をださないようにするべきです。

例えば…

・笑顔は本当におもしろいときだけにする
・普段は、真剣な表情をするようにする
・筋トレなどで肉体的な強さをだす
・思ったことは、はっきりと伝える

こうすることで、「人ととして強さ」をアピールすることができます。

「強さ」をアピールできれば、下に見られることもなく、
相手は「自分と同等の人間」と思うので、好き勝手言われることがなくなります。

「弱い、優しい」という印象を出さないようにする

解決方法2.人としてのステータスをアピールする

いろいろな能力や、ステータス

想像してみください。

あなたはこれから…

・社長とランチを食べてください
・東大生と勉強してきてください
・超イケメンくんと合コンに参加してくだい

と言われたら、どうでしょう? 恐らく…

「マジかー、なんか緊張する(笑)」

と思うはず。 相手をなめられるような余裕はないですよね。

ずばり、この人達に緊張してしまうのは、人ととしてすごさや自分との差を感じるからなのでは?

このように、人としてステータスの高さをアピールできれば、相手は自分との差を感じ、「なめる」という発想が消滅します。

「自分にそんなステータスはないよ!」

と思ったかもしれませんが、なんでもいいんです。

・仕事ができる
・何らかの特技がある
・おしゃれ
・コミュニケーション能力が高い
・友達が多い、恋人がいる

こういったことでも、その人にとって立派なステータスになります。


・ステータスになることがあったら、うまく会話で匂わせる。
・ステータスになりそうなことを、どんどん増やしていく。


この二つを意識して実践すれば、「人ととしての弱い」と思われなくなるので、なめられることが激減します。

自分のステータスをうまくアピールする

解決方法3.女性にモテるようになる

女性にモテている男性

「女性にモテていない感」があることで、一気になめられます。

もしあなたに現在恋人がいるなら、早い段階で公言しましょう。

世の中は恋愛至上主義ですし、素敵な恋人はいるかとか、どんな女性と結婚できるか、ということで人としての優劣が図られます。

想像してみると分かりますが、一見冴えない男性でも綺麗な奥さんがいると、それだけで「人としてのすごさ」を感じますよね。

他にも、可愛い彼女ができると、男友達から「おまえすごいな!(笑)」とヒーローのように扱われたり…

「解決策2.人としてのステータスが低い」に通じますが、恋人がいるというだけで、圧倒的なステータスになります。


「可愛い彼女を連れて歩く」



これに勝るなめられない方法はないと思います。

モテている人には、何も口出しできない

さいごに…

「いつもなめられる…」「いじられキャラで困っている…」という男性は、

可愛い彼女を作る努力をしてみてはいかがでしょうか?

これが一番シンプルな、なめられない方法だと思います。

彼女ができれば、人としてのステータスが向上し、あっという間に周りの目が変わります。

「そんなこと俺になんて無理だ…」と思われるかもいるかもしれません。

ですが、どんな男性にだってモテることができる可能性を持っていますよ。

わずかなことでも、行動してみるのをおすすめします。

今回は以上です。

ご質問、ご感想等ございましたら、TwitterのDMか、

お問い合わせフォームまでお気軽にお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ユウト(@muji-t-shirts)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です