映画「さよならくちびる」ネタバレと感想。ぶっちゃけ面白かった?

どうも、恋愛コンサルタント ユウトです。

(私が何者かはこちら↓)
【彼女いない歴=年齢特化】恋愛コンサルタントユウトと申します。

普段は、恋愛テクニックや、モテる方法をご紹介していますが、

今回は映画を紹介します。

 

紹介するのは先日公開された、「さよならくちびる」です。

引用:映画.com

映画:さよならくちびる
公開日:2019年5月31日

出演は、小松菜奈、門脇麦、成田凌の3人。

この3人が出ているというだけで、

興味が沸いてしまう人は、多いのではないでしょうか?

 

感想、ネタバレ(ラスト)、主題歌について、お話していきます。

結末だけ知りたい!という方は、この記事でサクッとわかりますよ。

 

また、感想はネタバレを含んでいないので、

観るか悩んでいる人も参考にしていただければと思います。

 

一部ネタバレが含まれるので、注意をお願い致します。

 

↓お好きなところからどうぞ!↓

あらすじ

音楽にまっすぐな思いで活動する、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)だが、付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しづつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

引用:filmarks

登場人物

引用:映画.com

ハル – 門脇麦

ハルレオの作詞作曲を務める。

クリーニング工場でバイトしているレオに、一緒に音楽をやらないかと誘う。

誘った理由は、レオが歌いたそうな目をしているからだという。

 

レオ – 小松菜奈

ハルに誘われ、音楽を始める。

ギターもわからず、ハルに教えてもらう。

天才ハルと比べ、自分は劣っていると感じ、自暴自棄になってしまう。

 

シマ – 成田凌

ハルに惚れ、付き人、(マネージャーのような立場)になる。

自身は音楽を挫折した過去があり、

ステージ上でも、エレキギターとして、ハルレオをサポートする。

ハルに本気で惚れている。

ネタバレ(ラストはどうなった?)

「ラストはどうなったの?」
「結末だけ知りたい!」

という方に向けて、どんな結末で終わるのか説明しちゃいます。

 

観る予定の方、観るか迷っている方は、この先観覧注意です!

それでは、説明しちゃいます。

 

以下、ネタバレ注意です!!

 

 

 

 

解散ツアー中の、ハルレオ。

「解散ツアー」とは公表していなかったものの。

今後のスケジュールが真っ白な点などから、

このツアーで解散というのが、途中で世間にバレます。

 

「解散ツアー」と知ったファンは、

ライブ中に、「解散しないで!」と送るようになったり、

ライブハウスの外で、音漏れを聴きに来るファンも来ましたが、

基本的には、普段とあまり変わりがなく、ツアーが過ぎていきます。

 

そして、最終日であり、「ハルレオ」ラストライブである、函館でのライブハウス。

ハルレオのマネージャー兼付き人をやっていたシマですが、

このライブの前に、親友の葬式があったため、出番直前になっても現れません。

 

と思ったら、急に到着。

音楽をやっていた死んだ親友が

「音楽をやっていると、大事なものを手放すことになる

と言っていた、でも俺はそう思わない」

と、ハルレオの二人に伝え、いいライブにしようと、3人はステージにでます。

 

解散ライブは、お客さんが合唱しくれたり、

声援をいつも以上に送ってくれたり、音漏れのファンも集まったり、

いつもより感動的なライブになります。

 

ライブ途中で、

ハルレオの曲たちはこの先どうなるのでしょうか?

だれかのなかで生き続けるのでしょうか?

それとも、私達(ハルレオ)と同じく、今日で終わるのでしょか?

 

といったMCをハルがはさみ、

最後は「さよならくちびる」で、感動のラストライブになりました。

 

ラストシーンは、解散ライブが終わった3人が、車で出発した場所へと帰るシーンです。

車内は気まずいわけではなく、「これにて終了」という空気がひたすら流れています。

 

そして、目的地につき、

「これにてハルレオは終わり、悪いけど荷物は自分で担いで帰ってくれ」

とシマが言います。

それを聞いた、ハルとレオは無言で車から出て、

後ろのトランクを開け、たくさんの荷物を担ぎ、

二人は一言も話さず、お互い別々の道へと歩いていきます。

 

そして、車内でひとり落ち着いているシマ。

(終わったか…)と思っている様子。

そうすると、急に車の後方から物音がします。

 

車の後方にはハルとレオの二人がおり、

 

一度取り出した荷物をまたトランクに積み込みます。

 

「おまえら!!」と驚くシマ。二人は再び車内に入り、

レオは「てか、うちの家まで送ってくれない?」と図々しく話します。

ハルは、「あと、なんかお腹すかない?」とこれまた同じように話します。

これに「お腹空いた~!」と答えレオ。

「お前ら!続行は絶対ないからな!!」とシマが答えて物語は終わります。

 

解散ライブ後も、車内でいつものように話す3人がラストシーンとなります。

 

ハル、レオ、シマの3人は別々に…という訳ではなく、

まだハルレオの活動は続きそうな、

ラストは、そんな希望の見える終わり方です。

さよならくちびる 感想(ネタバレなし)

一言でいうと、まぁまぁでした。

いい映画ですが、人に勧めるかというと、微妙です。(笑)

(当ブログのカテゴリーが、おすすめ映画なのはスルーで笑)

 

超絶雰囲気映画なので、

普段からよく映画を観たり、小説を読んだり、絵を観たり…

そんな、芸術に慣れているというか、

感性が豊かじゃない人だと、確実にハマらない映画。

 

話題性のあるものだけ追っていて、映画はなんとなく観るだけ。

という人は、かなりの確率で、眠くなったり、つまんない…

と、となってしまうと思います。

良かった点、微妙だった点だど、いろいろと思ったことを書きます。

良かった点

・小松菜奈、門脇麦、成田凌の無敵さ

この三人がめちゃくちゃ演技がうまいし、めちゃくちゃ絵になります。

けだるそうに、車内で三人が会話をしているシーンとか、

レコードショップで、レオ(小松菜奈)と、シマ(成田凌)の二人が、

レコードを選んでいるシーンとかは、本当におしゃれでうっとりした。

 

他には、今の映画には珍しく、喫煙シーンがめちゃくちゃ多いです。

ハルレオの二人は、シマの車の中や、楽屋であったり、

暇があれば、スパスパと煙草を吸いだします。

 

そして、その喫煙シーンがめちゃくちゃかっこいい(笑)

小松菜奈や、門脇麦が吸っているからかっこいい訳ですが、

非喫煙者な人がみれば、確実に煙草に憧れてしまうと思います。

非喫煙者の私も憧れてしまいました。

 

・やっぱり音楽がいい

映画の話ではなく、本当にハルレオというアーティストがいるような、

そのくらいすっとハルレオの世界観に入れます。

秦基博とあいみょんが作った歌がさすが。ぜひ本人verも聴きたいです。

映画を観終わったほとんどの人が、また「さよならくちびる」を聴きたくなるはず。

私もyoutubeで何度か聞いています。

微妙だった点

・話がただただ平行線

ハルレオは結局解散するの?

という、謎はあるけれど、全体的にストーリーがふわっとしています。

具体的な起承転結がなく、ただただラストライブに向けて、日々が進んでいく印象。

その淡々として空気が、この映画のよさなのかもしれないけど、

もう少しはっきりしたり、メリハリがあっても良かったと思う。

 

予告編にあって、気になった人が多いであろう、

門脇麦と小松菜奈の百合キスキーンも、

長い会話や、やり取りの末、にキスしたわけでなく、

物語途中、過去の描写として、唐突に出てきます。

観ている人は、理解に苦しんだ人も多いのではないかと。

 

・よくわからないシーンが多々ある

途中で背景をバックに、淡々と歌詞がでてくる描写があったけど、

正直必要だったのかよくわからない。

 

他にも、TV番組の一部として、

ハルレオが好きな若い子二人組にインタビューをするシーンがありますが、

インタビューをしたとたん、ただただ片方の子が歌を歌い始めて、

しまいには寂しそうに相方に抱き着くというシーンがあります。

 

何もインタビューには答えず、けっこうな尺を歌っていたので、

観ていて「何この子?てか、何このシーン?」と疑問に思ってしまいました。

変なシーンが少しでもあると、一気に現実に引き戻されるからやめてほしいです(笑)

感想 まとめ

ストーリーのコンセプトは面白いし、演者はみんな素晴らしいのに、

「全体的に惜しい」というのが、率直な感想です。

おしゃれだったり、雰囲気のある描写を、ただつぎはぎしているように感じました。

ストーリーにもっとメリハリや色があれば、めちゃくちゃいい映画になったと思います。

さよならくちびる 主題歌について

最後に主題歌についてです。

主題歌でもある「さよならくちびる」は、作詞作曲ともに秦基博。

穏やかで、めちゃくちゃ落ち着きます。

ぜひ秦さん本人バージョンも聞いてみたい。

 

映像と、歌詞の一部はこちらになります。

さよならくちびる
それでも まだ 君に 心が叫ぶの 離れたくないよと
さよならくちびる
あふれそうな言葉を 慌てて たばこに火をつけ 塞いだ

引用:LYRICAL NONSENSE

本当はレオと離れたくないハルの気持ちが、この詞に投影されてる気がします。

とくに、「慌てて たばこに火をつけ 塞いだ」というところなんて、

既に映画を観た人なら、思い当たるところがあるのではないでしょうか?

さいごに

映画「さよならくちびる」

既に観た方はどうかんじましたか?

私個人では、惜しいところがたくさんある映画だと思いました。

 

ただ、門脇麦、小松菜奈、成田凌の三人の演技は本当に素晴らしかったです。

それぞれ、登場人物それぞれが葛藤している姿には見入りました。

うまくいかないことが重なって、むしゃくしゃしている人なら、

確実に登場人物の誰かと自分を重ねてしまうと思います。

 

一人になりたい、これからの人生についてよく考えたい。

という人には、おすすめの映画かと思います。

 

あとは、ハルレオがかっこよく煙草を吸うシーンが多いので、

禁煙中の人は、鑑賞を避けたほうがいいかと(笑)

 

今回は以上となります。

お読みいただきありがとうございました。

恋愛コンサルタント ユウト

=====================

※重要※ 彼女いない歴=年齢から一気に脱出!

ゼロから可愛い彼女を作るために必須の最新恋愛理論

『新・女性のタイプ別攻略法』を完全無料で公開中!

下記URLから公式メルマガ(無料)に登録して今すぐ手に入れてください。

https://vision7.jp/p/r/qPCknHWf

=====================

映画「愛がなんだ」ネタバレと感想。原作と違う点はご存知ですか?

2019年4月29日

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です