映画「恋は雨上がりのように」感想と結末。人生うまくいかない人におすすめ。


どうも、ユウト (@yuto_blog)です。

「恋は雨上がりのように」という映画をご存知でしょうか?

映画 恋は雨上がりのように
引用:映画.com

2018年5月25日に公開された映画で、主演は小松菜奈と大泉洋。

17歳の女子高生が、45歳の冴えないファミレス店長に恋をしてしまう。

という、異色なコンセプトの恋愛映画です。(原作は漫画)

モテたいTシャツくん
すごい内容だね!おもしろいの?
ユウト
おもしろいよ!魅力的な要素がいっぱい詰まってる。

この映画は何回か見ましたが、ほんとにいいです。

今回は「恋は雨上がりのように」の感想や結末について、魅力もお話していこと思います。

それではいってみましょう。

ストーリー

高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちで、ずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…… 
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

映画「恋は雨上がりのように」公式サイトより

主人公と店長について

小松菜奈 橘 あきら

橘 あきら (橘 あきら)- 小松菜奈

物語の主人公。
高校2年生(17歳)
陸上部のエースであったが、ケガがきっかけで挫折。
あるきっかけで店長と出会い、それ以降、恋心を抱くようになる。

店長との恋愛関係が進むわけでもなく、陸上を再開する訳でもなく、
まさに人生は、雨の最中といった感じ。
原作の漫画では、神聖かまってちゃんの「フロントメモリー」を聴く描写がある。

ユウト
原作では、あきらはフロントメモリーを聴いているよ
モテたいTシャツくん
だから主題歌もフロントメモリーなんだね!
大泉洋 近藤 正己

近藤 正己(こんどう まさみ)- 大泉洋

45歳のファミレス店長。
しかも、バツイチ子持ち。
あきらからは、真剣な好意をぶつけられる。
しかし、ファミレスの女性陣からは「くさい」と言われたり…
なかなかの冴えないっぷり。

実は昔、ある夢を追っていた。

ユウト
バイトからの扱いはひどいけど、心優しい人
モテたいTシャツくん
冴えない感でてるね~

結末について(ネタバレ)

「物語の結末だけ知りたい!」または、「観たけどもう一回確認したい!」。

という方に、ラストはどうなったのか、早速ネタバレしちゃいます。

モテたいTシャツくん
もうネタバレ?早いね。
ユウト
「観ないけど何となく気になる」って人向けに。

以下ネタバレです。まだ観ていない人は注意をお願いします!

 

 

 

 

あきらと店長との恋愛は進む訳ではなく、店長はきちんと一線を引きます。

店長に思いを募らせながら、ファミレスで働いていたあきらですが、

もちろん、陸上への思いは捨てきれていない状態です。

 

そんななかで、同じ陸上部で、幼馴染であり親友のはるかと大喧嘩したり、

「なんであきら先輩は走らないのですか?」と、他校のライバルが接触してきたり、

何より、店長があきらはバイトなんかよりも、やるべきことがあると気がついたり、

 

やはり一番は、店長との関係性と掛け合いの影響から、

あきらは気持ちを入れ直して、陸上部に復帰します。

 

もちろん、バイトにも顔を出さなくなったある日。

(店長から、「この先何か月先も、人は足りてるよ。」と優しく言われ、

長い期間、バイトに行かない時期が続いているなか)

 

部活中で走っていたあきらと、車を運転していた店長が、河川敷で再会します。

 

あきらの親友である、はるかは「みんな行くよー」と言って、空気を読み、

あきらと店長を二人きりにします。

 

そこから、あきらと店長の二人の会話。

店長:「俺さー昇進するかもしんない!」

あきら:「すごいです店長!」

といった近況報告をしたりするなかで、

 

あきらは、少し涙を浮かべながら、優しい笑い、

「私たち友達ですよね?」

「友達なら普通、メッセとかやると思うんです。」(LINEのようなもの)

「私、店長とメッセがしたい。」

と言ったところで、フロントメモリーが流れ、エンドロールになります。

恋は雨上がりのように 結末
引用:シネマトゥデイ

ちなみに、この会話をしているとき店長は、何をを受け入れたような、

優しい表情をしながら、あきらの話を聞きいています。

結末はこんな感じです。

ユウト
その後もいい関係性が続きそうな…そんなラストでした。

感想

感想ですが…

ホントにこの映画いいです!(笑)

何がいいって、メッセージ性と人物一人一人の描写がリアル。

人生雨期真っただ中の二人が、お互いにいい影響を及ぼし合って、

物語のラストでは、雨が上がっていくという…

 

うまくいっているときを「晴れ」に例えて、
うまくいっていないときを「雨」に例える。

それで辛いときに、「やまない雨はない」と言われても、

「なんか言葉うっす!」と思いますよね。

 

でもこの映画、心情を天気で例えても、微塵もうすさがない(笑)

天気(気持ち)が移り変わるときの、言葉や思い、

「決意」といった心情が、めちゃくちゃ繊細に描かれています。

 

本当に、だんだんと雨が上がっていくのを見ているよう。

 

自分に中途半端さを感じている人、どこか寂しい気持ちをしながら、

生きている人は、必ず自分を重ねてしまうはずです


あとは、あきらと店長の関係性が絶妙。

店長は夢に破れた結果、冴えなくなっているわけで、

挫折中のあきらを見て、復帰しそうな絶妙なパスをだすのも見どころ。

大人の男として、店長の人柄が満点です。

魅力ポイント3つ

具体的な魅力について、他にも紹介しちゃいます。

魅力1.映像と音楽

・あきらがケガをして、部活に行かなくなったまでの経緯
・あきらが練習を再開しだしたとき
・店長が夢にもう一度挑戦しはじめるとき

この描写のシーンは、セリフの掛け合いはなく、PVを見ているかのように進んでいきます。

その時の風景や、音楽がとにかく圧巻。映像にみるみる引き込まれてしまいます。

魅力2.圧倒的小松菜奈美

美しい小松菜奈

とにかく小松菜奈が美しい。

・雨にうたれて、憂い気な表情だったり
・店長を睨むようにみる目だったり
・半分泣き出しそうに話す、最後のシーンだったり
・海で走るシーンだったり

これだけでも、ずっと見ていられる気がする。

特に海で風を感じているシーンは、息をのむほどの美しさです。

ユウト
映画館で見たときはハッとしました

魅力3.店長の言葉の威力

大泉洋
引用:Real sound

店長はもともと小説家を目指していたこともあり、言葉の威力がすごい。

あきらが本当に大切なことに気がつくような
映画を観ている人も、心がふっと軽くなるような

素敵な言葉を、いいタイミングで言う。店長名言集があったら欲しい。

実際、あきらが店長に惚れた理由も、素敵な言葉をかけてもらったからだし。

年をとったら、素敵な言葉を言える男性になりたいと、店長を見て思いました。

ユウト
店長で言葉の大切さに気が付きます。

まとめ

改めて、この映画は本当におすすめです。

「なんか俺(私)って、いつも中途半端だよなー」

と、どこか寂しい気持ちをしながら、生きている人には、特に見ていただきたいです。

そんな人でも、この映画はどこか肯定してくれるし、映画を見終わったとき、

「また頑張ろう」とどこか気持ちがすっきりして、勇気が貰えるような…

そんな素敵な映画です。

梅雨の時期や、雨の日に観てみるのはいかがでしょうか?

今回は以上となります。

ご感想、ご質問等は、お問い合わせフォーム、またはTwitterのDMまでお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ユウト (@yuto_blog

初デートを失敗した方へ、女性の脳内を支配できる。デートでの恋愛テクを伝授します。

2019年5月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です