【脈なしのどん底の日々を送った私】

東京都 33歳 佐藤ユウスケ (仮名)

私にはここのところ、

ずっと悩んでいることがあります。

それが…

好きな女性がいるのですが、
完全に「脈なし」の状態。

しかも、

今はその子から
完全に距離を取られている
ようにも感じています。

挽回したいとは思っているのですが、

今どうすればいいのか全くわかりません。

 

彼女のことが頭から離れず、

寝れない日々だけが続いています。

そもそも、彼女との出会いは職場でした。

はじめはそこまで意識していませんでしたが、

彼女と接する機会も時間も増えていくなかで、

仕事を一生懸命にやっている

真面目な姿であったり、

意外にも彼女と自分で、
共通している部分があったりと、

自分の知らなかった、

彼女の一面を見るたびに、

「彼女のことをもっと知りたい」

と彼女にどんどんと惹かれてる自分に
気がつきました。

そして、気がついた時には、

「この子と付き合いたい」

と好きな気持ちになっていました。

これまで恋愛でうまくいかなかった私も、

「このチャンスだけは
 無駄にしたくない!」

と思い、彼女へのアプローチを始めました。

とはいえ、

実は私、ほとんど恋愛経験がありません。

過去にたまたま女性から好意を向けられて、
付き合ったことはありますが、

それも気持ちが乗らず、
数ヶ月で別れてしまいました。

こちらから狙って、

本当に好きな女性と
付き合えた経験もないです。

これまでの人生は、
どこか心が満たされないような、

そんな気持ちが、
心の片隅にはありました。

「彼女がほしいな」
「恋愛がしたい」

と、思うこともありましたが、

それどころではなく、

仕事に追われるばかりで、
繰り返しのような毎日を、

ただひたすらに生きていた中、

「もう俺は恋愛とは
 このまま無縁なのか…」

と思っていた、

そんな冴えない私ですが、

そんな私の人生が変わったのが、

職場の彼女との出会いでした。

「この子が彼女だったら…」

そんなことを考えながら、

優しく真面目に接することを心がけ、

日常的にLINEをするようにしたり、

ちょっとしたプレゼントも渡したり、

私なりに彼女にアプローチしていきました。

ときには彼女から、
「脈ありサイン」
感じられることもあり、

「この子は僕に気があるのでは!?」

と全ては順調に進んでいる
かのように思えました。

しかし、ある時を境に、

日常的にしていたLINEが

だんだん反応が悪くなったのです

返信までの時間が長かったり、

思い切ってご飯に誘ってみても、
未読スルーをされてしまったり、

この状態にかなり悩みました。

「これまではLINEもしてたのに…」

「何か変なこと言った?」

「これからどうすればいいだろう?」

と自分なりに考えたのですが、
答えは見つからず、

それでも…

彼女をなんとか振り向かせたい。

そう思った私は、
考えにかんがえた挙句、

意を決して、

告白をすることを決めました。

「もうこれしなかい」と思ったのです。

仕事が終わった後、

帰り際に彼女を「話がある」と
会社の外に呼び出し、

2人だけになった場所で、

今の気持ちをストレートに
伝えました。

彼女は「えっ」と驚いた表情をし、
次には困った表情を浮かべ…

数秒の沈黙の中、
彼女の口から出た言葉は、

「ごめんなさい」と…

はじめのリアクションから
なんとなく察したのですが、

その結果は惨敗。

見事に振られました。

しかも空気は最悪です。

気まずい状況のなか、
その時はそのまま解散し、

夜に改めてLINEをしてみると、

もらった返事は、

「これからもいい先輩として
 お願いします」

といった返信でした。

その後のLINEでは

LINEには、

「そういう関係にはなれない」

といった内容が書かれており、

改めてもらったメッセージで、
振られたことを実感しましたね。

私の希望は一気に崩れ去りました。

そこからは毎日がどん底です。

夜はなかなか眠れず、
ずっと彼女のことを考えてしまいますし、

彼女に振られてしまったことはもちろん、

「男としての魅力がない」
「価値もない」

とずっと言われているような、
そんな気分になっていました。

精神的に本当に辛かったです。

さらに私を追い詰めたのは、

彼女が避けるようになったことです。

以前までは職場でもよく話していましたが、

最近では少し話そうとしても、
どこかに行ってしまったり、

明らかに距離を取られてることを
感じるようになりました。

肉体的にも、精神的にも、
ボロボロになった私を見た
会社の同僚からは、

「佐藤!!大丈夫か!?」

と本気で心配されるほどでした。

心身ともに、
もうとっくに限界は迎えていましたが、

彼女のことを
このまま諦められるわけでもなく

かといって、

この先どうしたらいいのかもわからず、

メンタルをすり減らしながら、
途方に暮れる毎日でした。

そんな日々のなかで、

気分転換にでもと思い、
昔から知っている友人に連絡をし、
会うことになりました。

その友人は自分と同じように、
恋愛経験がほとんどなかったのですが、

最近、彼女ができた友人です

最近彼女できてさ…

(羨ましいな…)と思いながら、

自分の最近振られた話をしながら、
友人の話も聞いていたのですが、

そこで友人が「あること」を
ボソッと言ったのです。

俺も今の彼女と付き合うまでに
一度振られていて、

完全に「脈なし」だったけど、
そこから振り向かせたよ。と

私はその言葉に興味津々でした。

本当か?脈なしからどうやって?」

と、思い切って聞いたのですが、

 

そこで彼が教えてくれたのが、

「脈なしからの逆転」に特化した恋愛講座、

その名も『恋愛新聞』

というメルマガの存在でした。

その謳い文句は、

『たった90日で、脈なしから脈ありに、
好きな子を振り向かせて彼女にする方法』

と記されており、

「本当にこんなので!?」
「なんか怪しいな…」

と半信半疑だったのですが、

他に打つ手もなかった私は、

「これ本当にあの子と付き合えれば…」

と藁おもすがる思いで、
このメルマガを読んでみました。

そして、読んですぐに、

『衝撃』 の一言です。

そこには…

脈なし女性を惚れさせるための
数々の恋愛理論や恋愛テクニックが
順序立てて分かりやすく記されていました

これまでの自分が知りたくても知れなかった、

世間一般では知らされていない、
「恋愛の新常識」です。

メルマガを読み進めるほど、

私が振られてしまった訳や、
LINEがスルーされてしまった訳

どんどんと解明されていき、

「それは振られるわ…」

と、思わず息を呑んでしまったほどです。

そういうことか!

それと同時に、

この「恋愛新聞」で、

脈なしから脈ありにするための
具体的なアクションや、

惚れさせて好きな女性と付き合うまでの、
実践的なテクニックを知ることができたのです。

「今度は彼女を
 絶対に振り向かせる!」

と強く思いました。

恋愛新聞で詳しく恋愛を勉強すると…

その結果は、歴然でした。

まずは職場の他の子に試したのですが、
女性からこんなLINEが…

女性とのLINEのやりとり1
まさかの女性方から誘われたり、
それも、ひとりふたりではありません。

職場で「可愛い」と人気な女性から、
どんどん連絡がくるようになりました。

急にモテ始めたのです。

彼女には振られ、どん底になり、

自信を完全に喪失していた昔の自分が、
どこか懐かしく感じれたほどです。

これまでの自分から
生まれ変わったような、
そんな感覚でした。

こんなにもモテるようになるなら、
もっと早く知りたかったです。

中でも特に強力なテクニックだったのは、

『女性のタイプ別攻略法』

という恋愛テクニックであったり、

『脈なしから挽回へのLINE術』

というLINEの使い方であったり、

間違いなく、
この
「テクニック達」のお陰です。

女性の心理もわかり、
実際にモテ始めた今、

男としての自信も持てるようになり、

好きな子へ挽回の可能性を
感じ始めてきたのです。

そして、満を持して、

振られたしまった職場の彼女にも、
アプローチを再開し始めたのですが、

その結果は、
見違えるほどでした。

以前はあれだけ「脈なし」で、
しかも避けられていたのに、

彼女の方から話しかけてくれたり、

LINEも未読スルーから、
あっちから連絡をくれるように
なったのです。

そこから職場ではすっかりと
元の通りに話ができるようになり、

仕事終わりに二人だけで
飲みにいくこともできるようになりました。

彼女と2人で飲みに行った後、

彼女との距離感も、
もうグッと近づいていたので、

改めてその日に、

私は彼女に告白をしました。

今日、 伝えるしかない…

そして、彼女…

「はい!よろしくお願いします笑」

と可愛く、微笑みながら、

私のことを見つめてくれました。


この瞬間、

正直、嬉しさのあまり叫びたいくらいでしたし、

まさに「夢のような瞬間」でした。

その日は二人で手を繋いで帰り、

そこからは職場で顔を合わせるたびに、

笑ってしまうのをこたえながら、
業務をこなしていました。

それから彼女とは、
たわいもないLINEをやりとりしたり、
週末はふたりでデートをしたり、

この前は、旅行にだって行ってきました。

振られた時は、

まさか、あそこまで脈なしの状態から、
彼女とこうして仲良くできるのも、

ましてや、

付き合えるとも思ってもいませんでしたし、

今も「恋愛新聞」を知らなかったらと思うと、
恐ろしくて仕方ないです笑

何より、今思う一番のことは、

彼女と一緒にいれることが
本当に幸せです。

私の人生が大逆転するきっかけとなった
「恋愛新聞」ですが、
以下のボタンから詳細を知ることができます。

ただ、いつまで公開されるか分からないので、
急いで読んでおくことをオススメします。


募集の受付が終わってしまう前に!

次回の募集までお待ちください

↑このように表示されたら諦めてください。。

その前に、今すぐに以下のボタンで
確認をしてみて下さい。

これを読んでくれたあなたの恋愛が
上手くいくことを心から祈っています。

数ヶ月前までは振られ続けて冴えなかった男より。