好きな女性の気を引く方法。影響力の武器から学ぶ○○性の演出とは?

どうも 、ユウトです。

あなたは…

「好きな女性の気を引きたい!」

と思ったらどんなことをしますか?

接触頻度を増やす?
とにかく気を遣う?
面白いやつと思われるために会話を頑張る?

など、いろんなことが浮かぶかと思います。

しかし、正直なところどれも決め手にかけます。他の男性も思い浮かびそうというのが本音ですね。

それでは、

女性の気を引くことができる。もっと本質的なことは何か?

今回は「ある一冊の本」を参考にしながら、お話していこうと思います。

あなたは今回の記事を読むことで、

好きな女性の気をグッと引くことができます。

それではいってみましょう。

もっと本質的なこととは?

先に結論を言ってしまうと、

「希少性」を演出して女性の気を引きます。

詳しく説明していきます。

影響力の武器を参考にした恋愛

「影響力の武器」という本をご存知でしょうか?

もともとはビジネスの本であり、人がどういった心のメカニズムで、

購買意欲が沸くか、購入まで決断するかという。

「承諾」についての人間心理を説明した本です。

あくまでもビジネス書ですが、先日私が読んでいて思ったのが、

恋愛にも活用できる。

ということ。

人がどうやったら、物を欲しくなるか。

女性がどうやったら、男を彼氏にしたくなるか。

それぞれ通じるものがあります。

そこで、今回注目したいのが「希少性」についてです。

希少性とは?

「希少性」と言われてある程度ピンとくるのではないでしょうか?

簡単に言うと「限定○○個」の手法です。

レアな物、なかなか手に入らない物って欲しくなりますよね。

恋愛でもこの状況を作り出さなければ、女性の心は動きません。

(もちろん影響力の武器の内容はもっと深いです。気になる方はチェックしてみてください。)

多くの男性がやってしまうNG行動とは?

しかし、ほとんどの男性が「女性に自分の希少性を示す」ということが頭にないのです。

「彼女がいたのは〇年前で、最近も特に恋愛事はない。」といったことを、簡単に言ってしまいます。

恋愛のなかであなたが希少な商品となるには、

簡単に手に入らない男、簡単に彼氏にできないようなレアな男。

そんなことを演出しなければなりません。

「このスニーカーは、3名様しかお売りすることが出来ません!」と、

「このスニーカーはどなたでも、いつでも購入できます。」

だったら、後者は買わないですよね。

男性は女性の前では商品です。

前者の状況を演出する必要があります。

じゃあどうやって?

では、どうやって希少性を演出するかというと。

「この時期に限って空いている。(今たまたま彼女がいない)」ということと

「他にも欲しい人がいる。(何人か狙っている女性がいる)」ということを示します。

具体的には、好きな女性の前では、

彼女と別れたのは2か月前で、
最近よく飲みに誘ってくる人がいる。
という設定にしてください。

嘘でもです(笑)

こうすることで、あなたの希少性が上がり、女性の見る目が変わります。

「この人モテるんだ!誰か狙っている女性がいるんだ!」

とあなたが希少価値の高い男性だと思われます。

反対に「彼女がいたのは3年前、最近も特に恋愛事はない。」といった発言をしてしまうと、

女性がある程度「いいな」と思っていても、特に引かれなくなってしまいます。

いつでもどこでも手に入る商品(男性)は、購買意欲が沸きません。

気軽に「自分今フリーです」発言をしないようにしましょう。

最後にまとめです。

まとめ

好きな女性の前では…

「希少性」を演出して気を引け!

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ユウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です