【LINEを交換したい】好きな子に断られないタイミングと方法

音声で知りたい方は下記のYouTubeをクリックしてください

ユウトです、

今回は、
『絶対に失敗せず、
 むしろ好感度を上げて
 LINEを交換する方法』

ということでお話しします。

「好きな女性とどうやったら
 LINEが交換できるか?」

ああでもない、こうでもないと、
ずっと考えてしまいますよね、

「そもそもどのタイミングで聞いたらいい?」
「交換するときは何て言えばいい?」
「わりと早い段階で聞いても大丈夫か?」
「どんな状況のとき聞くべき?」

と、考えることが多すぎて、
もはやパニック寸前です。

めんどくさいから、
ストレートに突撃するように
聞いてしまおうか?…

と、お考えの方もいるかもしれません、

私自身も
『好きな女性とLINEを交換する
 タイミングや方法』

これには頭を抱えていました。

考えすぎたあげく、
結局はバイト中、
なんの脈絡もなく

「てか、LINE交換しない?」
と聞いては、

「え…?なんでですか?…」
とドン引きされたことを
今でも覚えています。

バイトの裏で、
「てか、〇〇さんから急に聞かれた…笑」
と、噂話をされてしまったことは、
思い出したくもない、

モテない男としてのダサい思い出で、
当時の自分は本当に「ザコ」でした。

好きな女性がいると、
あとあと考えると自分でも、

「完全にあれはおかしかった」
と思うことをやってしまうのが、
モテない男の運命だと思います。

こういった経験はないでしょうか、

今は恋愛で様々な経験をしたのちに、
恋愛を教える立場となりましたが、

もちろん、
LINEの交換するタイミングや方法で悩む
なんてことは今ではありません。

好きな女性とはスムーズに、
好感度も上げて交換することができています。

恋愛にはすべての女性や状況において、
正しい行動とそれをするタイミングは
決まっています。

今回のテーマは、
「LINEの交換」ですが、

その方法を、
この記事を見つけていただいたあなたにも、
シェアしたいと思います。

この記事を最後まで読んでいただければ、
好きな女性に断られることなく、

むしろ、あっちから笑顔で
LINEを差し出してくれます。

そうなったらこっちのもの、
デートも決めて、デートを繰り返して、

最後には、
舌も脳もとろけるような、
濃密なひとときを彼女と味わってください。

しかし、今回の内容を知らなければ、
LINEを聞いた瞬間に、

好きな女性からは、
「ウザい」「キモい」
「え?なんで!?」
と、ドン引きされ

その後一切、
口も聞いてもらえなくなるでしょう、

悔しくて辛くても、
そのまま家で一人でシコって終わりです。

そんな結果にならないためにも、
好きな女性が笑顔で交換してくれるためにも、

今回の記事を必ず最後までお読みください

それでは本題に移ります

LINEを交換できる絶対的なタイミングとは

まず、LINEを交換したいなら、
『タイミングが命』です。

タイミング次第で、
その女性と恋や今後のアプローチが、
天国にも地獄にも変わります。

タイミングには命をかけてください。

(それはわかっているよ)
(早くそのタイミングを教えて)
と思われたかもしれませんので、

早速、結論からお話ししますが、

LINE交換を持ちかけるタイミングは、

その女性の『好感レベルが4』のときです。

待て待てと、「好感レベル」って何よ?
と、思われたと思いますので、
ここを解説していきます。

世間一般では、
これを意識している男性はほぼいませんが、

女性を落とすには、
『好感レベル』
という概念が必須になります。

実は女性は男性のことを
無意識に5段階の評価で見ています。
それが以下の通り、

【恋愛必須理論「好感レベル」の概念】
レベル1 嫌い
レベル2 興味なし(異性としてはどうでもいい)
レベル3 普通(好きでも嫌いでもない)
レベル4 友達(異性として好感が持てる)
レベル5 好き

私たち男性は女性を落としたいと思ったら、
まずこの「好感レベル」を
意識する必要があります。

そして、そのレベルごとに、

やるべき行動や、やっていい行動
逆に、絶対にやってはいけない行動
などがすべて決まっています。

では、今回のテーマ「LINE交換」であれば、
「好感レベル4」でやるべき行動ですが、

(もう少し早くてもいいんじゃない?)
と思われたかもしれません、

ですが、改めて言わせてもらうと、

LINE交換はレベル4で
持ちかけることが絶対です。

というのも、

昔の私も含めて、
世のほとんどの男性が意識していませんが

女性を落とす絶対条件は、
「追わせること」です。

「私はいいと思っているけれど、
 彼の気持ちがわからない」

「この先、どうなるかわからない」
「手に入りそうで、入らない」

といった、

ハラハラドキドキしている状態、
気持ちが分からず考えてしまう、

この時間があるから女性は恋に落ち、
その男性のことが
欲しくてたまらなくなります。

その状態にするためには、
4になっていない状態で聞いてしまうと
早すぎるのです。

あっちも乗り気なら、
「いい」と思って交換しれくれますが、

その前のレベルで聞いてしまうと、
「え?なんで?」とか、
「私のこと狙っているの?」と、
一気に気づかれて、

「追わせる」どころか、
「コイツつまらねー」と思われて終了です。

世間一般では、
「はじめの段階から、
 女性には好意を示した方がいい!!」
なんて言っていますが、

正直、ゴミです。チン○スです。

こんな間違った情報ばかりあるから、
世の男性が恋愛で苦しみます。

シビアに思えますが自分の気持ちが
相手より大きくなってしまった段階で、
その恋はうまくいきません

女性の好感レベルを意識し、
そのレベルにあった行動をすることを
心がけてください

【LINEを交換する実践的なやり方】スムーズにゲットできます

じゃあ好感レベルが4なら、
どうやって聞けばいいかと言うと

『デートを誘ってついでにLINEも聞く』

これだけです。

「デートに誘う」という行動も、
好感レベル4からできるようになります。

好感レベルが4なら、
予定があえば普通に来てくれるので、

「てか今度飲みにでも行こうやー」
と一言いい、

「いつ行くか?」
なんかも少し話してから、

「てか当日の連絡のためにLINE交換しよ」
と一言いって終わりです。

(え?そこまでLINEを交換しないの?)

と、思われたかもしれませんが
基本的にここまでLINEは
交換しないことがベストです。

一般的には、

好きな女性がいたらまずLINE交換、
そこから日常的にやりとりをして、

仲良くなったらデートに誘う、
そして、デートに実際に行く

という流れを考えるかもしれませんが、

そもそもこの流れ自体、
間違っています。

好きな女性を落とすのに、
連絡ツールとして使う以外
LINEは必要ありません、

実はモテる男ほど、
驚くほどLINEを使っていません、

(じゃあ、女性とどうやって仲良くなるの?)

というと、
「リアルでの会話」です。

恋愛は会話が命、
男としての魅力を伝えるのも
惚れさせるのも

『会話力』によって実現します。

今回の内容で言ったら、
『好感レベルを4に上げるまでの会話』
こういったことや、

『それぞれ好感レベルにおいての
 やるべき行動』

こういったことも
お話ししていきたいのですが、

ここまでお話ししていしまうと、
長くなってしまうのと、

「恋愛百科事典」
を購入していただいた方に申し訳ないので、
今回はここまでにさせていただきます。

「この話の続きをもっと知りたい!」
「恋愛を勉強して好きな子を彼女にしたい!」

という方は、

今すぐ無料恋愛講座(メールマガジン)にご登録ください。

こちらで続きをお話します。

そして、今ならメルマガ登録者の方に、
『新・女性のタイプ別攻略法』
というテキストをプレゼントしています。

【プレゼントを受け取る!】
https://saipon.jp/h/avy585

ただし限定100名様までです。

『本気で好きな女性と付き合い
 幸せな日々を堪能する』

何か致命的なミスを犯して、
好きな女性に手が届かなくなる前に、

このテキストを読んで、
成功への第一歩を踏み出してください

ユウト

〜追記〜

今すぐあなたの恋愛の悩みを
すっきりと解消したい場合は是非、
個別恋愛相談(50分間Skypeコンサル)
を受けてみてください。

確実にあなたの悩みを解決してみせます。

既読スルーされない方法大逆転で好きな女性を手に入れる

【既読スルーを女にされない方法】大逆転で好きな女を手に入れる

2020年6月27日
誕生日LINEを好きな女性に送ると付き合えません!最悪の失恋を回避せよ

モテる男のLINE術?好きな女性にお誕生日おめでとうLINEはするべきなのか

2019年3月23日

※この文章の著作権は全て、
【彼女いない歴=年齢でも諦める必要はない】にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。掲載
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)の一切を禁じます。
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用にとどめてくようご注意ください