ボディタッチを決めるには、相手の〇〇〇を触ってください!

どうも、ユウト(無地Tシャツ)です。

「何か使える恋愛テクニックを、教えてください!」

との声をいただいたので、

今回は…


恋愛テクニックの王道「ボディタッチ」について解説していきます。

ボディタッチは極めれば、非常に強力です。

女性に男性を好きになったきっかけを聞くと、

「なんかスキンシップが激しくて…単純なんだけどさ(笑)」

という女性は結構います。

「ボディタッチとか無理!」

という女性は、今までボディタッチした男が下手くそだっただけです。笑

上手くボディタッチを決めることが出来れば、

確実に女性を惚れさすことができます。


ただし、その分注意点も多く、かなりの練習が必要です。

「ボディタッチは難しそう…」と思うかもしれませんが、

最後まで読んでみてください。


今回の記事を読むことで…

女性を落とせる上手いボディタッチのやり方がわかります。


それではいきましょう。


まず、女性にボディタッチを試みる前に、一点注意があります。


それは…


ボディタッチをするのは、
女性の好感レベルが4以上になってからしてください。

好感レベルってなんぞや?

と思った方、この記事に好感レベルについて記載されております。
よろしければ、読んでみてください。

http://muji-t-shirts.com/%E6%81%8B%E6%84%9B%E3%81%AB%E3%81%AF%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%89%87%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/

一応説明すると、好感レベルとは、

「女性があなたをどれくらい好きか?レベルを判断してみましょう。」

ということです。


ボディタッチをしていいのは、好感レベルが4以上。

つまり、「仲のいい友達、彼氏として無くはない」の段階から、

使用することができます。

好感レベルが4未満の相手にすると、

「え?何この人?私のこと触った!」

と気持ち悪がられ、一気に警戒されます。

使用するのは、必ず好感レベル4以上からにしてください。

以上のことを踏まえたうえで、


具体的な上手いボディタッチのやり方について、お話していきます。

あなたが狙っている子がいたとして、

ボディタッチを試みようと思ったら…


まず、相手の「物」から触ってください。

「いや、ボディじゃないじゃん!」

と思った方が、ほとんどだと思います。確かにボディではありません。

しかし、物から触ることは非常に重要です。

なぜなら、

物はいわば自分の分身。

自分のセンスを映しだしたもので、常に身に着けているものです。

そんな相手の「物」を触れられたらどうでしょう?

相手は、疑似的に自分が触られたような感覚に陥ります。

「なんか自分は触れられたような感覚…でも自分の体に触れられた訳じゃないし…」

といった、この感覚をはじめに植え付けさせることで、

次に実際に体に触れるとき、
「触られた!」という抵抗感を、めちゃめちゃ少なくできます。

要するに…


レベルの低いことからはじめて、
自分が相手に触れることを慣れさせるのです。

ちなみに、

触れるものは、スマホ(一番おすすめ)、お財布、バック、ポーチ、等。

触れるときのポイントは、その物の感想を言ってから、一瞬だけ触ること。


「へー!なんかおしゃれなスマホケースつけてるね!」
(パッっと一瞬手に取って、すぐに元の場所に戻す。)

といったかんじです。

ベタベタ触っていると、キモイと思われるので、あくまで触るのは一瞬です。

これだけでも、女性の感情を揺らすことができます。

普通の男性だったらやらない行動ですしね。

あなたも、

「この子は好感レベル4以上だなー」という子がいたらやってみてください。

ということで…

ボディタッチを決めるには、まず相手のスマホを触りましょう。


以上です。

もちろん、ちゃんと「ボディに触るボディタッチ」も、

今後解説していくつもりです。

気になる方は、楽しみにしていてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。  ユウト(無地Tシャツ)



ココナラで恋愛相談始めました。気になる方はどうぞ。byユウト(無地Tシャツ)

恋愛相談-あなたに合った具体的な解決策を考えます 片思い、失恋、モテない等、現状を変えたいあなたをお助けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です