【3回目のデートで振られた衝撃的な訳】やるべきだった3つの行動とは

今回の内容を音声で知りたい方は
YouTubeをクリックしてください

ユウトです、

今回は、
『3回目のデートで振られた訳』
ということでお話します。

3回デートしても振られるなんて、
たまったもんじゃないですよね、

女性はOKしてくれたし、
それなりに楽しくも話していたし、
いろいろなところに連れて行ってあげたのに、

3回目のデートの帰り道に告白をしたら、

「ごめんなさい、そういう目では見れません…」

とあっけなく振られる。

「どうしてだよ!?」と、
強く聞き返したくなりますし、

ショックだし、
女性の気持ちはわからないし、と、

頭はひたすらに混乱します。

一般的には、
「デートに3回きたらもういける」
と言われますし、

昔の私もそれを信じていました。

しかし、結果は惨敗、このざまです。

いけそうだったのにダメとなると、
どうしても諦めきれない気持ちが
抑えられなくなりますし、

かといって、

この先どうしていけばいいかわからない。

「詰んだ。もう人生どん底。どうせ俺なんて…」

と、だいぶ自暴自棄になった経験が
私にもあります。

少し話を戻しますが、

世間一般では、
「デートは3回続いたらいける」
と言われていますが、

実は、これは完全なる嘘です。

こういった認識だけだと、
その意中の女性とは間違いなく
付き合えません。

そこで今回は、
『3回目のデートで振られた訳』
というテーマで、

・振られた理由
・デートでやるべきだったこと
・諦めきれない場合のアクション

ということをお話しようと思います。

もしデートで振られて
この記事を読んでいるなら、

必ず最後までお読みください。

そうすれば、これから意中の女性を落とし、
人生の勝ち組として、
可愛い彼女との幸せな日々を送れますが、

逆に今回の内容を知らないと、
意中の女性とはいつまでたっても付き合えません。
告白をしても振られるだけ、

精神的にも、肉体的にも、自分は満足できない。

そんな、「ブス」としか恋愛が
できない人生になってしまいます。

この先、本当に変わりたいなら、
今回の文章を全て読んでください。

それでは本題に移ります。

【3回目のデートで振られた衝撃的な訳】女性が思っていることはコレです。

「3回デートしたのに、
 どうして振られてしまったのか?」

この答えを一言で言ってしまうと、

男としての魅力を感じず、
惚れていなかったから。

これです。

「少し感じていたけど、
 魅力を感じないとか言うな…」

と思われたかもしれません。

すみません、

しかし、昔の私もそうでしたし、

なにより、この記事に出会った方には、
モテる男として覚醒していただきたいので、
恋愛の真実をすべてお話しようと思います。

そもそも、

女性が男性の告白をOKするケースは
何かというと、

「惚れているとき」

これに限ります。

世間一般での告白のイメージは、
「最後にビシッとゴールを決める」
というものですが、

これも間違いであり、

告白というものは、
すでにゴールが決まっていないといけない
のです。

「これでどうなるか!!!???」

といった状態ではなく、いわば「点数確認」。

「1点は入ってますよね」

くらいの感覚で行うものであり、
この状態でなければ99%成功しません。

それはなぜかとうと、

基本的に女性は「告白」というものに、
プレッシャーを感じてしまうからです。

「いっしょにいて居心地はいいけど…」
「恋人だったら悪くはなさどうだけど…」

くらいの気持ちであったら、
男との好きの温度差に居心地が悪くなり、

無意識に「ごめんなさい」を
選ぶようになります。

3回目デートで告白してダメだったのは、
9割方こういった状況です。

簡単にいってしまえば、
厳しいようですが、

迷わせているくらいじゃダメ。
着眼点は「魅力を感じて惚れているか?」

これを踏まえると、

「デート3回目で告白するといい」

というのは、

何の根拠にも、判断基準にもならない。
ということです。

ちゃんと、
魅力を与えさせて惚れさえてください。

じゃあ、

どんなことをすれば女性は惚れるの?
デートでは何をするべきだったの?

ということを、

お話ししていきます。

【3回目のデートで振られた衝撃的な訳】やるべきだったデートでの行動とは

好きな女性を惚れさせるには、
どんなデートをすればよかったのか?

これに一言で答えると、ずばり、

『主導権を握って追わせるデート』です。

主導権をしっかりと男が握ることで、
「男」として認識され、
魅力を与えることに繋がります。

逆に、男が主導権を握れなければ、
「男として物足りない」と
感じるようになります。

とはいえ、ほとんどの男性が、
本当に好きな女性の前となると、

嫌われるのを恐れ、
主導権を女性に渡すようなスタンスに
なってしまいます。

これだと何度チャンスがあっても、
その女性は落とせません。

そこでデートでやるべきだった、
3つの行動についてお話します。

ひとつひとつ解説します。

行動①自分の意見をしっかり言う
(何でも女性の意見に合わせない)

好きな女性に質問ばかりしていませんか?

「どこ行きたい?」
「何が好きなの?」
「どうしたい?」など、

自信がない。でも、
好きな女性に喜んでもらいたい。

という気持ちはわかりますが、

自分の意見を言わず、
女性にすべて合わせるようなことを
してしまうと、

「男として弱い」と
認識されてしまいます。

何でもかんでも、
女性に合わせることはしないでください。

どんな話題を話していても、
しっかりと「自分はどうしたいか?」
「どういうことを思っているか?」

これを自己開示したうえで、
女性に意見を聞くような会話にしてください。

女性に意見を合わせるのは、
「優しさ」ではありません。

「弱い」「男として頼りない」
と思われて終了です。

行動⓶顔色を伺っているような接し方をしない。

行動①とも通ずる話ですが、
常に顔色をうかがうようなスタンスは、
絶対にしないでください。

彼女を不機嫌にさせないようしないと!
嫌われないようにしないと!

と、こういったスタンスのままでいると、
自然と上下関係が逆になってしまいます。

極端にも思えますが、
「主と召使い」のような関係になってしまいます。

「召使い」のようになっている男を
女性が恋愛対象として認識すると思いますか?

韓流アイドルなみのルックスを
持っていればわかりませんが、

そんなわけもありません。

本来、男が主導権を握り、
決定権も握るもの。

変に気を遣いすぎたり、
顔色をうかがうようなデートの仕方は、
絶対にしないようにしてください。

③わかりやすく好意を見せない。

高価なプレゼントを用意していたり、
会話ではとにかく褒めたり、

していませんか?

わかりやすい男にも、
女性は価値を感じません。

くどいようですが、
デートでは主導権を握れなければ終わりです。

「この人私のことどう思っているだろう?」
「また私とデートしてくれるかな?」

と、好きな女性を落としたいなら、
ここまで思わせなければダメです。

夢中になってしまう
映画やアニメのように、

この先の見えない感覚、
ハラハラドキドキする感覚に、
女性は男としての魅力を感じ、
その男性にのめり込んでいきます。

そのためにも、

女性に好きなことを簡単にばらしてしまい、

「あーこの人私のこと好きなんだ、
 どうしようかなー」

と、 結末を選択できてしまう。

こんなデートは絶対にしないでください。

わかりやすく好意を見せないこと、
これを徹底しましょう。

【3回目のデートで振られた衝撃的な訳】すでに失敗した場合の挽回アクションプラン

とはいえ、

「すでに失敗してしまった」
「もう振られてしまった」

という場合かもしれません、

デートで告白をして、
一度振られたくらいなら、
まだ挽回はできます。

が、それも今後のアクションにかかっています。

一度失敗してしまったのなら、
そこから挽回し、

『彼女と付き合うための必須のアクション』
があります。

ヒントは、「もう気にしていない」と思わせる、
ある行動です。

さらにお話ししようと思ったのですが、
これ以上お話ししてしまうと、

『恋愛百科事典』を
手に入れていただいた方に申し訳ないので、

今回はここまでにさせていただきます。

こういった公共のブログでは、
表現の問題上、削除されてしまうため
お話しできないことが大量にあります。

さらに効果的で、再現性が高く、
実際に結果の出る恋愛のテクニックや
恋愛理論について詳しく知りたい方は

下記URLから公式メルマガ(無料)に登録して
今すぐ手に入れてください。
https://saipon.jp/h/avy585

今回のお話しの続きについてもお話します。

そして、

今ならメルマガ登録者の方に、
『新・女性のタイプ別攻略法』
というテキストを無料でお渡ししています。

ただしサポートの問題上、
限定100名様までです。

このテキストを読んで、

デートで振られてしまった女性に
逆転を成功させて、
その子を彼女にする。

その第一歩を踏み出してください。

ユウト

〜追記〜

個別恋愛相談(コンサル)を募集中です。

「好きな女性を落とすまでの
具体的なアプローチを知りたい!」
「今すぐに解決方法を知りたい!」

という方はコンサルにお申し込みください
詳細は下記のURLをクリックしてください
お待ちしております

【50分間個別恋愛相談(コンサル)はこちら】
https://saipon.jp/h/psn296

ユウト

※この文章の著作権は全て、
【彼女いない歴=年齢でも諦める必要はない】にあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。掲載
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)の一切を禁じます。
また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用にとどめてくようご注意ください